医療法人社団 エリヤ会 北五条医院

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

定期検診で、引っかかり易いのが胃の異常です。検査で胃カメラを、口からのどへ通されて苦しい思いをされた方も多いはず。「あの苦しさ、もう少し何とかならないの?」とたくさんの方々がおっしゃいます。 経鼻内視鏡は、直径 5.9mmの極細内視鏡を持つ患者さんの苦痛が少ない検査機器です。

従来の口から通すのではなく、鼻を経由してのどへ極細の内視鏡を通すため検査がとても楽になりました。嘔吐反射が起こりにくい、経鼻内視鏡で苦痛の少ない検査が実現します。 また、鼻からの挿入なので、口が塞がれずに会話ができます。医師と患者さんのコミュニケーションが医療の質を向上させます。

  • 経鼻内視鏡

  • イメージ図